頭痛・めまい・吐き気

交通事故後にみられる吐き気や頭痛

交通事故に遭われて、首や肩、背中などを負傷され、病院でレントゲンやMRIなどで検査しても骨などに異常がなく、後日頭痛やめまい、吐き気などで悩まれる方がいらっしゃいます。この頭痛やめまい、吐き気などは、事故の影響から筋肉の緊張が過度に起こるものや、筋肉の奥深くにある自律神経を傷めてしまって起こります。頭痛やめまい・吐き気などが事故の後遺症として残りやすい症状になります。初期の症状が重要になりますので、少しでも早く当院へ来て頂く事をおススメします。

頭痛やめまい、吐き気などが起きる4つの原因

バレリュー症候群

交通事故の衝撃により、首の前側にある星状神経節という部分の働きが活発になってしまい、交感神経が優れてしまいます。その結果、血液循環に悪影響を及ぼしてしまい、脳へ届ける血流が不足してしまうことになります。この血流不足により頭痛やめまいの症状が出てしまいます。

脳脊髄減少症

交通事故の強い衝撃で、脳内のくも膜が損傷することにより、脊髄液が漏れてしまいます。くも膜が損傷してしまうことにより、頭痛、めまいや吐き気などの自律神経症状を引き起こしてしまいます。そして最大の特徴は天候によって痛みが変化することや、横になると楽になるという特徴があります。

筋緊張性

むちうちで頭痛が起こる場合は、この筋緊張性頭痛による場合が非常に多いと言われています。首の筋肉が大きな衝撃により損傷、収縮すると筋肉が極度の緊張状態となり、後頭部を中心に頭痛を引き起こします。

頚性神経筋症候群

イライラ・耳鳴り・不眠・鬱状態など、体の表面だけではなく精神的な症状も引き起こしてしまいます。交通事故によるむちうちにより、頚椎から出ている副交感神経の働きが抑え込まれてしまい、頭痛や吐き気の症状が出ます。

当整骨院グループの頭痛やめまい、吐き気への治療法

頭痛やめまい、吐き気などの根本的な原因をしっかりと治療していきます。1つは筋肉の緊張を取る為に指圧やストレッチを行っていきます。特に筋緊張の強い方は、はり・きゅうで深部の硬さを取ります。2つめは、自律神経の不調からくる場合は、自律神経を調整するためにハイボルト療法(特殊な電気治療)やはり・きゅうを行います。

また、頭痛やめまい、吐き気などは、事故の影響からくる精神的なストレスからくることもある為、全身のバランスを整えたり、精神的な負担を軽減させるためカウンセリングなどもおこなっております。