歩行事故

様々なパターンの歩行者事故にも対応

歩行者事故に様々なパターンがあります。自動車対歩行者、バイク対歩行者、自転車対歩行者などがあります。どの事故のパターンも相手が乗り物で歩行者のケガはひどくなることがあります。特に、直接乗り物にぶつかったり、飛ばされて地面で打ったりなど、全身を打撲や捻挫する恐れがあります。事故後、ケガをしていることに気づかず打撲の後を見つけたり、後から痛みが出たりなどよくあることなので、歩行時に事故に遭われた際は、痛い部分だけでなく、ご自身で全身のチェックをして下さい。

後から痛めた部分を見つけたら・・・

後から痛めた部分に気づいた場合などは、再度受診している病院の先生、もしくは整骨院の先生にお伝えください。場合によっては、保険会社の担当者さんにも相談しておくといいと思います。後から痛みが出た部分がなかなか治りきれずに後遺症の申請をしなければならない場合もあります。病院の先生などに報告がなければ、後遺症の申請も難しくなる為、必ず後から痛みが出た、アザを見つけたなどあれば病院の先生などにご報告下さい。

こんな場合も補償が受けられます

自動車での事故の場合、修理代を相手の保険会社に補償してもらうと思いますが、歩行時の事故でも、洋服が破れた、身に付けていたカバンやアクセサリーが壊れてしまったなども補償の範囲になりますので、相手の保険会社の方にお話してみてください。

保険のサポートも当整骨院グループにお任せください!

歩行時に交通事故な遭われた場合は、基本的に相手の任意保険会社の担当者さんと補償の交渉になりますので、お悩みや分からない点などあればお問い合わせ下さい。