交通事故治療の必要性

なぜ、交通事故のケガではちゃんと治療を受けなければいけないのか?

交通事故の怪我は普通の怪我と違い、1トン以上もある鉄の塊がスピードを出して起こってしまっている怪我です。特にむちうちなどは、レントゲンなどに写らず、軽く扱われがちですが、首の頸椎のすぐ近くには、脊髄という太い神経が通っています。交通事故の強い衝撃により頭が大きく振れ、頸椎がムチのようにしなり、神経を傷つけている可能性もあります。

むちうちはめまい、首や肩の痛み、耳鳴りなどの症状に悩まされる事が多々あります。そして最悪の場合、後遺症として残ってしまい長い間辛い思いをしてしまう可能性もあります。むちうちなどの交通事故での怪我は、早期の対応が重要になってきます。

事故のおケガはできるだけ早く受診してください!

交通事故に遭われたら、警察の対応、相手の方の対応、損保会社の担当者さんの対応など色々とやるべき事があり、自分のお体については、「これくらいなら、まあいいや」と後回しにしてしまうことがよくありますが、これは絶対にやってはいけないことです!

当院では、交通事故に遭われた患者様には、必ず事故から1週間以内には病院か整骨院で体を診てもらうことをお伝えしています。お体を治すためにも早期の治療は大切ですが、事故から期間が空いてしまって病院や整骨院に行っても、ケガと事故との因果関係が証明できず、治療費や慰謝料などの補償が受けられない場合があります。期間が空いて、後から痛いから治療を受けたいといっても、受けられない場合があるのでご注意ください。

痛みがあまりないからといって放っておくと起こることは?

交通事故でのお怪我は、はじめはあまり気にならない程度の痛みだったが、後から痛みが強くなったということがよくあります。これは交通事故にあったすぐは、興奮状態で痛みを感じにくいようになっており、落ち着いて後から痛みを感じるようになっています。そのため、痛くないからといって放って置いたり、病院にいかなかったりする方が多く見られます。

事故後、一定期間空いて、後から痛くなったけど「損保会社が対応してくれなかった」などと困った状況になってしまいます。また、交通事故で「後遺症」という言葉をよく聞くと思いますが、交通事故のお怪我は、なかなか痛みが取れない、重だるい、頭痛、しびれなどさまざまな「後遺症」が存在します。このような「後遺症」に悩まされないためにも、早期の治療が重要になってきます。

交通事故に遭ったら

事故に遭ったら「痛みがある無い」にかかわらず、できるだけ早くに整骨院か病院に受診して下さい。受傷から期間が空いてしまえば、自賠責や任意保険の保障を受けられなくなってしまうこともあります。後で後悔しない為にも、「事故にあったら、すぐ受診」をお願いいたします。