むちうち症(頸部捻挫)

むち打ちとは?

交通事故に遭い、首まわりが痛くて病院で診察してもらうと「外傷性頸部症候群」という診断がされると思います。この「外傷性頸部症候群」がいわゆる「むち打ち」です。「むち打ち」は交通事故の衝撃によって、首まわりの筋肉や神経、靭帯を傷めてしまい、事故後すぐに痛みが出ることもあれば、事故から12~15時間経過して症状が出る場合もあります。最も一般的な症状は首の痛みですが、頭痛、背部痛、肩や上半身の痛みも見られることがあります。その他の症状では、めまい感、視覚や聴覚の障害、疲労感などがあります。

むち打ちにもいろいろなタイプがあります。

むち打ち症の種類

頚椎捻挫型

首の周りに痛みや違和感を覚えます。

・神経根型

頚椎が必要以上に動いたりすることで、神経根を損傷します。事故の衝撃によって起こりやすいのが特徴。

・脊髄症状型

頚部痛や手だけでなく、体幹や下肢にも痺れや知覚が鈍くなります。

・バレー・リュウ症候群型

頭痛やめまい、耳鳴り、眼のかすみや視力低下といった症状が出ます。その他、息苦しさ、しびれ、だるさのどの自覚症状も出ます。これは、自律神経が直接、もしくは間接的に刺激を受けることが原因と考えられます。

むさし鍼灸整骨院グループのむち打ち症治療とは?

当院では、筋緊張の起こっている筋肉に対して、指圧やストレッチで筋肉をほぐして、電気治療や温熱治療で患部の血流を改善していきます。また、衝撃で歪んでしまった首や背中の骨に対しては、矯正して元の状態に近づけていきます症状によって「ハイボルト療法」や「はり・きゅう」で痛みを軽減させ、首の動く範囲を増やしたり、自律神経の調節を行って症状を改善していきます。

むち打ちの後遺症

むち打ちの症状改善の目安は、受傷の程度によって様々ですが、3ヶ月~半年くらいと言われます。この期間中に完治できるよう早期に治療が重要になってきます。その期間を超えても完治しない場合、症状固定と言われる「治療を継続しても良くも悪くもならない状態」と判断されます。それ以降は、自賠責保険の補償範囲での治療が終了し、「後遺障害」という補償になってきます。この「後遺障害」という補償を受けるためには、病院で「後遺障害」の認定を受ける必要がありますので、病院との併用での治療をおススメします。