腰部捻挫(腰痛)

交通事故での腰部捻挫とは?

交通事故で「むち打ち」に次いで多いのが、腰部捻挫です。交通事故では車のシートに守られていても車がぶつかった衝撃で腰を痛めたり、バイクや歩行時に転倒したりなどで腰を痛めてしまいます。事故の衝撃によって、分離症やすべり症、圧迫骨折や椎間板ヘルニアが発症してしまうこともあります。

また、元々あった分離症やすべり症、狭窄症、ヘルニアなどが悪化し、痛みや症状が増大してしまうこともあります。交通事故の強い衝撃によって起きる腰部の捻挫は、とても厄介で後遺症が残りやすいので当院にご来院いただき根本からしっかりと取り除きましょう。

3つの交通事故後の腰痛

交通事故の強い衝撃によって起きる腰部の捻挫は3つのタイプに分けられます。

筋・筋膜性腰痛型

腰の周辺にある、腰方形筋・大腰筋・脊柱起立筋などの筋肉が集まった部分を痛めることでおきる症状で、筋肉や筋膜が必要以上に収縮し、硬くなってしまう腰痛です。

仙腸関節炎型

骨盤の後方にある仙腸関節を痛めてしまった場合は、仙腸関節部分が炎症を起こして痛みが出てしまいます。

腰部捻挫

腰の骨の間の靭帯や深い部分の筋肉を痛めた際、痛みや症状が出ます。腰の骨をスライドする力または引っ張る力が加わることにより損傷します。

当整骨院グループの腰部捻挫の治療法について

腰部捻挫にもさまざまな症状がある為、根本的な原因を見つけることが重要です。痛みや症状によってはレントゲンやMRIで検査をおすすめする場合もあります。レントゲンやMRIで異常がなければ、腰の周辺の筋肉を指圧やストレッチなどでほぐすことや、腰椎の動きをよくするために、骨盤と腰の骨の部分を矯正して調整することもあります。

交通事故での腰のケガはその場ではなんともなくとも、しばらくすると痛み出し後遺症が残ってしまったりするので、早期治療をしていただくことをオススメします。早期治療であれば、完治するスピードも速く患者様への負担も少なくなりますので早めにご来店してください。湿布やお薬でなかなか痛みが引かない、症状が改善しない方はあきらめずに当院へご来院下さい。ほったらかしにしてしまうと、慢性腰痛になってしまい、後遺症を残してしまう恐れがあります。

腰の痛みでお悩みの方は当整骨院グループへご相談ください!

交通事故での腰の痛みは、レントゲンなどに写らないことが大半です。レントゲンに異常がなかったからと言って、ほったらかしにせず、早い段階からしっかりと治療を受けて頂く事をおススメします。我慢していて、なかなか治らずに後で後悔しないようにしましょう。事故で腰を痛めてしまった方はぜひ、お早めに当院へお問い合わせください。