関節の痛み(腕・足)

交通事故の後に起きる腕や足の痛み

交通事故でのケガは「むち打ち」が有名ですが、交通事故でハンドルを握っていて衝撃を受けたり、急にハンドルを切ったり、ダッシュボードなどにぶつけたり、急ブレーキを踏んだりと、腕や足を痛めてしまう場合があります。また、バイクや自転車、歩行中での接触事故では腕や足を強打することがあります。その際、ぶつけた部分をレントゲンなどで骨に異常がなくても痛みがなかなか引かないこともあります。これは、ぶつけてしまった衝撃で、筋肉の繊維を傷つけてしまったり、ひどい場合には断裂することもあります。

また、強く打ってしまった部分は、筋肉が硬直してしまうこともあり、なかなか痛みが引かないという訳です。骨折はなくとも、場合によっては早期の固定などが重要な場合もありますので、痛みが少なくても必ず早い段階で治療を開始することをおすすめします。

関節の痛みを放っておくと・・・

関節の痛みをほったらかしにしてしまうと、痛みは引いてくるが、日常生活の何気ない動きの中で痛みを残してしまうということも少なくありません。また、痛みが引いたとしても、関節の動きが悪くなってしまっていたりすることもあります。場合によっては、改善がみられず後遺症を残してしまうこともあります。

当整骨院グループの腕や足の痛みの治療法

当院では、痛みを残してしまったり、関節の動きの制限が残らないように状態を確認しながら施術に当たっています。レントゲンなどの検査で異常がなければ、早期に筋肉を緩めていくことが重要です。指圧やストレッチなどで筋肉を引き伸ばして緩めていきます。痛みが強い場合はハイボルト療法(特殊な電気の治療方法)で、早期の痛みの除去を行います。

筋肉の断裂(肉離れ)などがある場合には、損傷部分を固定して、筋肉をできるだけ早く元の状態に戻していきます。特に腕や足のケガは日常生活やお仕事もあるので安静にしにくい部分なので、早期の治療の開始や治療の頻度も重要になってきます。日常生活気を付けることや、自宅でのリハビリのアドバイスなどもしっかりサポートしていきます。

関節の痛みでお悩みの場合は当整骨院グループにご相談ください!

関節の痛みがあっても、レントゲンに写るような異常がなければ、湿布やお薬の処方のみで、満足する治療が受けられない場合があります。そのまま放置してしまうと、日常の生活時に痛みを残してしまうこともあり、痛みが引いたとしても関節の動きづらさが残ってしまったりすることもあります。そうならない為にも初期の治療が重要になってきます。ぜひ、一度当院へご来院下さい。