任意保険

任意保険とはどのようなもの?

交通事故での保険は「自賠責保険」と「任意保険」と呼ばれるものがあります。「自賠責保険」は車に乗る為には必ず加入しておかなければならない保険で、「任意保険」とはその名のとおり「任意」で加入される保険です。事故に遭った際にはこの「自賠責保険」と「任意保険」を使って事故の損害を補います。

自賠責保険があれば大丈夫?

事故にあった際、「自賠責保険」が損害を補ってくれるのですが、実は、自賠責保険は相手の方のケガ(人身事故)の補償だけ。車の修理代(物損事故)などには対応していないのです。任意保険では、自賠責保険では対応できない車の修理代(物損事故)を補ってくれます。また、自賠責保険は相手のケガ(人身事故)の補ってくれますが、完璧ではありません。

自賠責保険では、ケガをされた方への補償は120万円、後遺障害を負われた方へは最高4000万円、死亡された方へは最高3000万円と保険金額の上限が設定されています。「それなら十分では?」と思われますが、実際の事故では想像した以上にお金が必要になってきます。自賠責保険で不足してしまう分も「任意保険」がカバーしてくれるのです。

任意保険は何をしてくれるの?

任意保険の役割は簡単にいうと、交通事故での損害に関して、自賠責保険で補填できない分を任意保険でカバーするといった感じで考えていただいていいと思います。また、任意保険は事故にあった際に、相手との示談交渉をしてくれたりといったサポート等も行っています。任意保険は保険加入者が任意て様々な特約などを組み合わせて加入者をサポートする保険です。下記に特約などの例をあげてます。

任意保険の補償内容について

対人賠償

被害者のケガに対する保険

対物賠償

被害者の財産に対する保険

搭乗者保険

車に乗っている人、全てに対する保険

人身傷害補償

自分や家族、搭乗者のケガを補償する

自損事故

ドライバーの単独事故でのケガを補償

無保険車傷害

相手方が保険非加入、当て逃げ時の補償

車両保険

自分の車の為の補償